メッキQ&A|メッキのあらゆるご質問に回答します

メッキQ&A|メッキのあらゆるご質問に回答します

無電解ニッケルメッキ

塩水噴霧試験の評価

添付写真の形状品に無電解ニッケルメッキ(膜厚5μm)を施し、JIS規格Z-2371に基づいた塩水噴霧試験法を試験時間4Hrs実施したところ、ザグリ部及びキー溝部に錆が発生しました。 業者によると、この錆は表面肌及び形状に起因するものでメッキ処理の不具合ではないとのことで、合格判定されました。メッキの素人の私にとって、この判断は正しいのかどうか判りません。 またメッキ膜厚を10μmにすれば解決するのかでしょうか。以上お忙しいとは思いますが、メッキのプロの意見をお聞かせ願えれば有り難いです。宜しくお教え願います。

塩水噴霧の評価の件ですが基本的にはザグリ部及びキー溝部は評価対象しない場合が多いと思います。平らな場所を評価するので塩水が溜まる場所は条件が悪いので同じ条件だと言えないからだと思われます。

JISハンドブックによれば試験結果の判定方法は受渡当事者間の協定によってもよい。となっているように両者で協議すべきではないでしょうか。 >業者によると、この錆は表面肌及び形状に起因するもので >メッキ処理の不具合ではないとのことで、合格判定されました。

何も協議がなされていないのであれば上記の判定をする場合はございます。 メッキ膜厚を10μmにすれば解決するかどうかはわかりません。 同じ厚みでも前処理条件が変わればデータが違ってきますし、メッキメーカーが変わればもちろん変わってきます。 ご参考までに

  

メッキ加工に関してご質問、ご相談がございましたら、お気軽にお問合わせください。

メッキQ&A

メッキQ&A

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002