メッキQ&A|メッキのあらゆるご質問に回答します

メッキQ&A|メッキのあらゆるご質問に回答します

無電解ニッケルメッキ

亜鉛ダイカスト製品 ネジ部分のニッケルメッキに削れ対策できますか

亜鉛ダイカストねじ部品の試作検証を実施したところ、ネジ部にNiめっき削れが発生しました。それ自体は想定していた事象なのですが、高トルクのため想定以上の削れ量が発生したことが問題となっており、構造的な改善及びめっき密着性向上に取り組んでいるのですが、高トルクに対する最適なめっき(耐摩耗性又は密着性)があれば検証してみたいと考えております。上記のような事例のご経験がございましたらご見解頂けると幸いでございます。

ねじの相手側の硬度(相手が硬いと削られやすい)やねじのめっき後の寸法精度もあります。電気めっきだと凸になっているねじの山の部分にめっきが多くつきます。
ねじの山が削れるというのなら、その場合は寸法精度の良い無電解ニッケルにすると解決するかもしれません。硬度は落ち削られるかもしれませんが無電解ニッケルテフロンめっきというものもあります。素地の亜鉛ダイカスト自身の問題も多いです。湯じわや巣がありますとその箇所のめっき密着性が悪くなります。


金型への材料の流れ方が悪いと、同じ箇所に構造欠陥が発生します。金型により、この部品は必ずこの箇所が欠陥になるという根本的な問題が発生する可能性が高いので、かなり注意が必要です。めっき皮膜が硬いと割れやすいです。一度しか締めない(取り外さない)なら銅などの柔らかい金属がよいです。(メタルo-リングのように締め付ける感じ)。ご参考までに

メッキ加工に関してご質問、ご相談がございましたら、お気軽にお問合わせください。

メッキQ&A

メッキQ&A

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002