メッキQ&A|メッキのあらゆるご質問に回答します

メッキQ&A|メッキのあらゆるご質問に回答します

金メッキ

素材とメッキの異種金属間腐食 (追加質問

(ピンホールなどがないとすると)金メッキの場合は SUSネジも金メッキも腐食が生じないのでしょうか、それとも、やはりイオン化傾向にしたがってSUSネジ側が腐食するということで よろしいでしょうか。

基本的にアノード(プラス側、卑な金属)、カソード(マイナス側、貴な金属)において、アノード/カソードの比を大きくとらなければならないとあります。

例えば、炭素鋼の板にSUSねじは正しいが、SUS板に炭素鋼のねじは誤りであるとあります。また、JIS W 2015:1982 航空機における異種金属の取扱方法_によると。“陰極の面積が陽極金属の面積より(容易にわかる程度に)小さくなるように金属の組合せを設計すること。
例えば,アルミニウム板を締結するのにステンレス鋼のボルトや小ねじを用いる(この逆を行ってはならない) 。

締結する前に異種金属の間に両立できる金属ガスケットや座金を入れること。

又は,陽極と両立できる金属で陰極部材をめっきすること。これらの方法は,電気接続として使用する組合せに適用する”とあります。
以上から基本的に金めっき板にSUSねじはしてはいけないとなります。その場合は絶縁する、ねじも金めっきする、など対策する必要があると思います。

メッキ加工に関してご質問、ご相談がございましたら、お気軽にお問合わせください。

メッキQ&A

メッキQ&A

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002