メッキの種類~コダマのメッキ製品のご紹介~ 試作~量産まで、スピード対応でメッキ加工

メッキの種類

銀メッキ

銀メッキ

  • 光沢銀(2種類)と無光沢銀メッキの3種類の銀メッキを取り揃えています。
  • 厚付け銀メッキが得意です。700μmの銀メッキの実績もあります。
  • 徹底した皮膜硬度管理をしています。

工業用の銀メッキが得意です!初めての方も、お気軽にご相談ください。
銀メッキ(Ag)は、高純度(純度99.99%)の皮膜が析出するため、 純銀と同等の導電性を持ちます。
電気伝導性は他の貴金属メッキと比較して最も優れています。また、熱伝導性にも非常に優れて
います。硬質銀メッキは電気自動車ターミナル部品などにも好適です。 貴金属ライン 銀メッキ処理 加工風景

3種類の銀メッキを取り揃えています!

お客様の求める仕様、用途によって適切な銀メッキをご提供させていただきます。

めっき種類 外観 硬度 純度 特徴や使われるメッキ加工製品例
硬質銀
(硬質銀)
[外観]光沢 [硬度]170~200Hv [純度]99.2% 特徴や使われるメッキ加工製品例 ・耐摩耗に優れた、高硬度の硬質銀メッキ
・電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)の充電ガンの関連製品、充電端子
光沢銀 [外観]光沢 [硬度]110~135Hv [純度]99.4% 特徴や使われるメッキ加工製品例 コネクタ、端子、スイッチ類
無光沢銀 [外観]無光沢 [硬度]80~100Hv [純度]99.9% 特徴や使われるメッキ加工製品例 低抵抗率、導電性に優れた無光沢銀メッキ、かじり防止、潤滑性を利用した個体潤滑皮膜として(軸受けなど)、アンチモンフリー(非含有)

■無光沢銀メッキ

無光沢銀メッキ 加工例

無光沢銀メッキ(Ag)は、高純度(純度99.99%)の皮膜が析出するため、純銀と同等の導電性を持ちます。
電気伝導性は他の貴金属メッキと比較して最も優れています。また、熱伝導性にも非常に優れています。その他の機能として、かじり防止、潤滑性を利用した個体潤滑皮膜として(軸受けなど)用いられています。 アンチモンフリーの銀メッキも可能です。

■硬質銀メッキ

硬質銀メッキ加工例

硬質銀メッキはコネクタ、端子、スイッチ類に利用されています。
また、熱伝導性にも非常に優れています。
ASTM規格・海外規格に準拠した銀メッキ加工については、別途ご相談ください。

■電気伝導性の表

電気伝導性 電気伝導率
(μΩ・cm)
熱伝導率
(W/m・K)
1.6 419
2.3 293
ロジウム 4.7 149
白金 10.6 72
パラジウム 11.1 75

厚付け銀メッキが得意です!
   厚付け700μm銀メッキ加工例

電気自動車充電ガン

  • 軸受ケーシングの内面に200~300μmの膜厚の部分銀メッキを施し、メッキ後の精密寸法研磨も一緒に承ります。
  • 電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)の充電ガンの関連製品、充電端子の銀メッキ

徹底した皮膜硬度管理をしています!

測定風景硬度マイクロピッカース光度計銀メッキ皮膜銀メッキの硬度は管理しないと変動します。銀メッキの皮膜硬度管理を徹底しています。
朝1番にテストピースにて硬度をマイクロビッカース硬度計で測定し、硬度確認を行っています。
ご要望があれば、めっき出荷検査成績書に硬度測定結果もご報告致します。

よくあるご質問・ご要望例

銀メッキ加工対応例

  • トルク重視 半導体検査装置用SUSボルト・SUSナットに部分銀メッキ
  • 自動車用 袋ナットへの内面銀メッキ
  • かじり防止 プラグ・バックシェルコネクター・ナットへの部分銀メッキ
  • コネクター・スイッチ・ブスバーなどの電気接点部品への銀メッキ
  • 計測機器部品、精密機械部品への銀メッキ
  • 自動車関連・弱電・IT関連・産業機器の切削加工部品への硬質銀メッキ
  • 焼付け防止やシール性 機械加工部品、プレス加工品への銀メッキ
  • ステンレス SUS配管 チューブ 細管内面に銀メッキ
  • 精密バネ・軸受けに銀メッキ
  • 各種マスキング・部分的な銀メッキ加工なども特急でご対応できます。

銀メッキ加工 素材対応例

  • 鉄鋼素材
  • ステンレス(SUS)・ハステロイ・インコネル・ニッケル合金
  • 銅・銅合金・真鍮等・エコブラス
  • アルミ(純アルミ、Al2024、Al5052、Al7075、ADC12など)
  • 光沢・半光沢・無光沢など、こだわりのご注文にも対応しております。

豆知識

  • 銀メッキの品質と試験・検査法は工業用、装飾用について、それぞれJIS H8621およびJIS H 8623として制定されています。外国規格として、ASTM B700、Fed.Spec.QQ-S-365(アメリカ)、および国際規格としてISO4521があります。
  • 銀メッキの長所は電気伝導性が金属中で最も優れているところです。その他にも、焼きつけ防止性、 光反射性向上、シール性、ハンダ付け性向上、ボンディング性が優れているなどがあります。コネクタスイッチ、ブレーカ、リードフレーム、変圧器端子、スイッチ、接点端子、重電機部品(40~80μm)、配電盤のブスバーなどに用いられています。
  • 銀メッキの短所として、空気中で酸化されやすい。黄色に変色、微量の硫化物で黒変しやすい。マイグレーションが起こりやすいなどがあります。 用語解説 マイグレーション:銀めっきは空気中の水分により水酸化物となり、電位がかかる状態で樹枝状に銀が成長して電子部品が短絡する(ショートする)現象。湿度が高く電位がかかると成長する。
  • 銀メッキは1830年代に開発されたシアン化物浴が主流で、一部非シアン化物浴も開発されているが、現在でも工業的に利用されているのはシアン化物浴です。

よくあるご質問・ご要望例

メッキの種類

メッキの種類

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002