メッキの種類~コダマのメッキ製品のご紹介~ 試作~量産まで、スピード対応でメッキ加工

メッキの種類

銅メッキ

銅メッキ

  • 極厚付け銅メッキが得意です。600μmの実績!
  • 2種類の銅メッキを取り揃えています!

コダマでは、薄膜~600μmの厚付け 硫酸銅メッキも可能です!
超厚付け膜厚の銅メッキ加工も喜んで承っています。加工例として、マスキングして部分的に銅メッキ300μ以上の製品など量産の銅メッキの加工実績もございます。膜厚の厚みにより、凹凸が発生しやすくなるので後加工が必要になることもございます。
銅メッキのことなら、お気軽にご相談ください。 銅メッキ加工 水洗|電解脱脂|エアー乾燥

■青化銅メッキ

銅メッキ加工例

影のヒーロー、下地メッキとして活躍しています。 青化銅メッキは複雑形状の製品やピンホールなどの素材欠陥の内部まで密着よくつき回るため、 ニッケルメッキなどの下地メッキにも広く使用されています。 また、この後のメッキの耐食性 にも効果があります。 その他の銅メッキの共通した優れた特長に下記の点があります。
・熱伝導性、電気伝導性が良い。
・展延性に優れており、容易に研磨できる。
・ニッケルと比較して安価 。

2種類の銅メッキを取り揃えています!

銅メッキの種類 皮膜の特長 用途や利用分野
青化銅(シアン化銅)
ラック・バレル対応可能
[皮膜の特長]鉄、アルミダイカストに直接めっき可能です。
シアン化銅メッキの皮膜は緻密、均一電着性に優れています。複雑形状の製品やピンホールなどの素材欠陥の内部までカバーするので、下地メッキとして好適です。バレルメッキが可能です。
[用途や利用分野]浸炭防止や下地メッキとして銅ストライクメッキ (ストライクメッキとは素地の不働態皮膜を除去、活性化しメッキの密着を良くするために行われる下地メッキのことです)
硫酸銅
ラック 対応可能
[皮膜の特長]皮膜は柔らかく表面の切削や研磨などの二次加工が容易にできます。優れたレベリング作用で、バフ研磨目まで埋めることができます。効率がほぼ100%で、かつ高電流密度でメッキ可能で作業性が良い。 [用途や利用分野]超厚付けのメッキ膜厚、電鋳や印刷ロールなど。プラスチック上への下地メッキ。スルーホールメッキなど。

よくある語質問・ご要望例

メッキの種類

メッキの種類

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002