メッキの種類~コダマのメッキ製品のご紹介~ 試作~量産まで、スピード対応でメッキ加工

メッキの種類

無電解ニッケルボロンタングステンメッキ

無電解ニッケルボロンタングステンメッキ

  • 無電解ニッケルボロンタングステンメッキ(Ni-B-W)耐熱性・耐酸化性が抜群に優れたメッキ皮膜です

コダマでは無電解ニッケルボロンタングステンメッキを取り扱っています!
お気軽にご相談ください!

耐熱・耐酸化性に非常に優れています。Ni-B-Wからなる三元合金皮膜を析出する、
耐熱性・耐酸化性の高い無電解メッキです。無電解メッキですので、どんな複雑な形状の素材にも、浸漬するだけで均一にメッキができます。 無電解ニッケルボロンタングステンは技術課がメッキ加工しています。

無電解ニッケルボロンタングステンメッキ加工例 耐熱性酸化量2.2mg(1000℃-10時間)硬質クロム42mg、で硬質クロムの約20倍の耐熱性があります。

変色をしない領域は450℃以下になります。皮膜は非常に硬くHv800、耐磨耗性に優れています。

無電解ニッケルボロンタングステンメッキ加工対応例

  • バーナー関連部品
  • 高炉関係部品・セラミック・ガラス等の成型、押出用金型
  • 内燃機関のエンジン内部、排気、排気ガス部品

無電解ニッケルボロンタングステンメッキ 素材対応例

  • 鉄鋼素材
  • 銅・銅合金・真鍮等
  • アルミ素材 (アルミの種類の情報が必要です。Al5052など。鋳物は要相談)
  • ステンレス (SUSの種類の情報が必要です。SUS304やSUS316など)

無電解ニッケルボロンタングステンメッキ/Ni-B-Wのメッキ皮膜特性

組成 Niニッケル94% Wタングステン5% Bボロン1%
硬度 析出状態 800Hv以上(加重100g)熱処理後 900Hv(400℃ -3h)
密度 約 9.5g/cm2
電気抵抗 13μΩ・cm (at20℃)
溶融点 約1600℃
耐熱性 Ni-B-W 2.2mg(酸化増量 1000℃-10h) 硬質クロム 42mg
硬質クロムメッキの約20倍の耐熱性がある。
耐摩耗性 Ni-B-W 0.3(ターパ磨耗インデックス) H-Cr 3.2
耐食性 Rating No.9(塩水噴霧 240h) 硬質クロムrRating No.4
密着性 30~35kg/mm2 (電気Niより良い)
精度 非常によい。凹凸にも全く同様の厚さ。

よくあるご質問・ご要望例

メッキの種類

メッキの種類

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002