メッキの種類~コダマのメッキ製品のご紹介~ 試作~量産まで、スピード対応でメッキ加工

メッキの種類

硬質クロムメッキ

硬質クロムメッキ

  • 充実の設備とベテランメッキ職人揃いで小物製品10万個以上/月の量産対応可能!
  • 部分メッキ、内面メッキ加工も可能!ジグ接点跡をなくした硬質クロムメッキも可能です!
  • 研磨やベーキング処理も受け賜ります!
  • アルミ素材への硬質クロムメッキ加工も可能です!

コダマは硬質クロムメッキが得意です。単品1個からの即日~スピード納品も可能です!
お気軽にご相談ください。

硬質クロムメッキは、硬度Hv850~1000以上と高く、一般的な電気メッキの中ではNo.1の硬度を誇り、耐摩耗性・耐久性に優れたメッキです。使われている分野・用途は自動車、船舶、産業機械、検査工具、切削工具、シャフト、金型などがあります。

充実の設備とベテランメッキ職人揃い!
    小物製品なら 10万個以上/月の量産対応可能!

硬質クロム課の設備は、フッ化物浴5槽とヒーフ浴1槽合計6槽の設備がございます。
小物製品なら10万個以上/月の量産加工が可能です。
単品1個からのご対応 即日~スピード納品も可能です。 小物製品 硬質クロムメッキ|2014年1月に導入 硬質クロム5号槽加工例

硬質クロムメッキ フッ化物浴とヒーフ浴 特長紹介

めっき種類 外観 硬度 硬質クロムメッキ/フッ化物・ヒーフ浴の特徴
硬質クロム
(フッ化物浴)
[外観]光沢 [硬度]Hv800~900Hv [硬質クロムメッキ/フッ化物・ヒーフ浴の特徴] 光沢メッキ範囲が広い 
ステンレスに密着の良いメッキ
皮膜は細かいクラックで高耐食性
硬質クロム
(ヒーフ浴)
[外観]光沢 [硬度]Hv850~950 [硬質クロムメッキ/フッ化物・ヒーフ浴の特徴] 角部や強電部への焦げなどが発生しにくい
マイクロクラックで耐食性 耐磨耗性に優れている

硬質クロムメッキ槽 設備寸法

  幅(mm) 長さ(mm) 深さ(mm) 数量
1号槽(フッ化物浴) [幅(mm)]900 [長さ(mm)]2100 [深さ(mm)]1050 [数量]1
2号槽(フッ化物浴) [幅(mm)]700 [長さ(mm)]1450 [深さ(mm)]1200 [数量]1
3号槽(フッ化物浴) [幅(mm)]1760 [長さ(mm)]570 [深さ(mm)]1050 [数量]1
4号槽(フッ化物浴) [幅(mm)]600 [長さ(mm)]2500 [深さ(mm)]1000 [数量]1
5号槽(フッ化物浴) [幅(mm)]600 [長さ(mm)]1980 [深さ(mm)]1020 [数量]1
6号槽(ヒーフ浴) [幅(mm)]600 [長さ(mm)]800 [深さ(mm)]600 [数量]1

部分メッキ、内面メッキ加工も可能!

硬質クロムメッキ 部分メッキ 加工例マスキングしての部分メッキや補助陽極(アノード)を
作製しての内面メッキ、ジグ接点跡をなくした硬質クロム
メッキ、高度な技術が必要な製品もメッキ加工可能です。

内面メッキなど、高度な技術が必要な製品もメッキ加工可能です 右記製品 硬質クロム部分メッキ加工

研磨やベーキング処理も受け賜ります!

マスキングしての部分メッキや補助陽極(アノード)を作製しての内面メッキ、
ジグ接点跡をなくした硬質クロムメッキ、高度な技術が必要な製品もメッキ加工可能です。
ベーキング炉イメージ
メッキ後のベーキング処理 小型・中型・大型と様々なタイプのベーキング炉でご対応させて頂いております。

アルミ素材への硬質クロムメッキ加工も可能!

アルミ素材以外も、鉄鋼、ステンレスSUS、銅、銅合金などもメッキ加工をさせて頂いております。
(2011-2013実績 不良率0.1%以下)

よくあるご質問・ご要望例

硬質クロムメッキ加工対応例

硬質クロムメッキ

  • 工具に硬質クロムメッキ
  • SUS316ステンレス配管内部に硬質クロムメッキ
  • SUS素地の特殊ボルト・ナットに硬質クロムメッキ
  • 錠剤用の杵と臼に硬質クロムメッキ

硬質クロムメッキ 素材対応例

  • 鉄鋼素材
  • アルミ(A5052,ADC12などアルミの種類の情報が必要です)
  • 銅・銅合金・真鍮等
  • ステンレス(SUSの種類の情報が必要です。SUS304やSUS316など)

硬質クロムメッキ豆知識

  • クロムメッキは、装飾用のクロムメッキと工業用クロムメッキ(硬質クロムメッキ)に分かれます。
  • JISではビッカース硬さHv700以上、膜厚2μm以上を硬質クロムメッキと定めています。
  • 装飾用のクロムメッキは下地にニッケルメッキを施します。硬質クロムメッキは鉄鋼などの素材に直接施すメッキです。
  • 硬質クロムメッキに求められる特性には硬度、肉盛性、耐磨耗性などがあります。
    硬度は、皮膜の硬さのことを表わし、メッキでは通常ビッカースHvで表記されます。
  • 低磨耗係数は、すべり性ともいい、耐磨耗性や潤滑性とも深い関連があります。 ニッケルなどと比較するとクロムは変色しにくいという特徴もあります。
  • 肉盛とは機械加工で削りすぎた時などに、その部分のみにメッキ加工し、寸法補正や修理を行うことをいいます。硬質クロムメッキは、他のメッキに比べメッキ膜厚を厚く乗せることが可能であるため、肉盛性が高いといえます。
  • 硬質クロムメッキは400℃以下の高温酸化雰囲気で使用可能ですが、硬度はHv1000→600程度に下がり耐磨耗性、耐食性も次第に低下する傾向があります。

よくあるご質問・ご要望例

メッキの種類

メッキの種類

株式会社コダマ社屋
株式会社コダマ|〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号|TEL.06-6752-0001/FAX.06-6752-0002

株式会社コダマ

〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください
TEl.0667520001
FAX.0667520002
営業時間8:00~17:00(日祝除く)
  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス
  • お取引の流れ
  • コダマ新聞
  • メッキに関する資格
  • ISO認定工場

Copyright (c) 2014 Kodama Co. all rights reserved.

めっきで機能を創造する!

株式会社コダマ
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西1丁目9番35号

お気軽にお問合わせ・ご依頼ください

  • お問合わせ・ご依頼
  • 交通アクセス

tel:0667520001 / fax:0667520002

[営業時間]8:00~17:00(日祝除く)
TEL:06-6752-0001
FAX:06-6752-0002